月別アーカイブ: 2016年3月

二度の出産を経て

私は子どもを2人出産していますが2回とも悪阻がひどかったです。

初めての妊娠の時は強い吐き気をきっかけに妊娠に気づいたほどです。ドラマのように急に「うっ」と吐き気がして、今までに感じたことのないような気分の悪さに襲われました。
それからすぐに船酔いのような、車酔いのような状態が一日中続くようになりました。全く食べられずに吐いてばかりいるようになり、子宮からの出血も少量あったため1週間ほど入院することになりました。

入院中もほとんど食べられずに点滴で栄養を摂り、元々痩せ型なのに2キロほど減ってしまいました。
そんな状態なので薬剤師として仕事をしていましたが、いつ復帰できるかわからず辞めざるをえませんでした。
妊娠して嬉しいはずなのに、急激な体調の変化に気持ちがついていかず辛かったです。

二人目の時も同様に悪阻がひどく、上の子はその時2才過ぎで手がかかるため寝てばかりもいられず大変でした。私の具合が悪いのを2才の子は理解できませんでしたから、外遊びにも付き合ったりしなければならずしんどかったです。
悪阻は2回とも妊娠4~5ヶ月目まで続き、長い苦しみでした。

妊娠中期から後期にかけては逆にすごく食欲が湧くようになり、今度は体重増加との戦いになりました。
通っていた産婦人科が体重管理にうるさくて少しでも増えすぎると注意されてしまうので気を使いました。でも通常では考えられないくらい食べ物への執着がでてきて、夜寝る前なども食べたいものばかりが頭をグルグルしていました。こんなに食べ物が頭から離れなかったことはないと思います。
元々食べてもそんなに太らない方でしたが妊娠中はすぐに体重に反映されてしまい、食べ過ぎないように気をつけるしかありませんでした。ウォーキングなどで体を動かすこともよくしていました。
その甲斐もあって、体重増加は二度とも7、8キロ増で済み、産後もすぐに体重は戻りました。
頑張って動いたり歩いたりしていたせいか体力も落ちずにお産も安産で軽かったです。

来年から子供たちを保育園に預けて薬剤師として働こうと考えています。
そこでこのサイトを参考に新しい職場を探しています。保育園のある高松市が希望です。
⇒※香川県高松市の薬剤師求人・転職※条件に合った職場を探す方法
求人情報誌やハローワークなどでも出ていない、非公開の求人も紹介してもらう事も出来るので、働き先の幅が広がるみたいです。

ブランクは心配ですが、あの悪阻より辛いものはないでしょうから頑張ります^^