大学4年間のお金事情

私は大阪の国立大学へ入学しましたが、1年生・2年生の時は自宅から往復2時間かけて通っていました。

1年生の後半からカラオケ店でアルバイトをしていて月に10万円ほど収入があったので、友達と遊ぶお金・服などに使うお金を差し引いても月に数万円残ったので、その分は貯金していました。

時期的なものでもアルバイトの募集が出ていてそういったアルバイトって時給もそれなりにいいので私はお歳暮時期のアルバイトもしていました。少しでも貯金がしたくて・・・。

お歳暮のアルバイトは主に梱包でした。不器用な私は最初全く綺麗に包むことができなかったのですが、毎日毎日ものすごい数の商品を包んでいるうちに担当の方も丁寧に教えてくれていたのもあってすぐに綺麗に包むことができるようにはなりましたね。2年連続でそのバイトはしましたよ(^^)v

3年生になりゼミが忙しくなったのを機に、一人暮らしを始めました。その時点で貯金が100万円弱あったのですが、3年生ではゼミと就活で忙しくてアルバイトができなかったため、毎月の家賃5万円+生活費を貯金と親からの仕送りにてまかなっており、3年生の一年で貯金は半分以下になりました。

4年生になってからアルバイトを再開し、卒業時にはまた100万円以上貯めることができていました。

貯金って減るのは早いけど貯まるのってなかなかですよね・・・使わなければよかった・・・と通帳を見た時は思ったのですが、また元通りに残高が戻った時は頑張ったなって思えたのでそれはそれでよかったのかな・・・

お歳暮のアルバイトは今もたまに行くことがあります。慣れていることってやりはじめるのに時間もかからないし、ちょっと楽しくもなっているので今年のお歳暮時期もいこうと思っています。ちょっとしたお小遣い稼ぎですね(#^^#)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>